top of page
  • 執筆者の写真All of Pain

[マンハッタン痛み管理] 背中が痛む7つの理由とその対処方法


腰痛の管理

この投稿はソフトウェアによって翻訳されました。


慢性の腰痛は非常に身体的な苦痛を引き起こすことがあります。特に毎日痛みに苦しんでいる場合は、それまで楽しんでいたこと、例えばスポーツや運動、家族や友人との時間を楽しむことが難しくなるかもしれません。


もし腰痛に悩まされてきたのなら、その苦痛がどれほどイライラし、エネルギーを消耗するものであるかご存知でしょう。そこで、All Of Pain Manhattan痛み管理センターでは、最新の先進的治療法を提供することにより、健康的でより痛みの少ない生活を送るお手伝いをすることに専念しています。


この記事では、多くの人々が腰痛を経験する理由と、将来の再発を治療したり予防するためにできることについてお話しします。


1. あなたのコアは弱いです

あなたの脊椎は、骨、靭帯、筋肉から成る複雑な構造です。コア筋群は、脊椎のサポートシステムの重要な部分です。これらの筋肉には、腹壁筋、背中の筋肉、および臀部の筋肉が含まれます。


脊髄核

これらの構造のいずれかが弱くなると(年齢や運動不足によるものでも)、脊椎に必要な安定性を提供できません。それによって腰部(腰椎部位)の痛みを引き起こす可能性があります。


強いコアは、良い姿勢を維持し、不適切な位置関係による痛みを軽減するのに役立ちます。理学療法士は、コアエリアの筋肉を強化し、柔軟性を向上させるための適切な運動方法を教えてくれるので、日常の動作が痛みや不快感を引き起こすことなく、さらなる怪我を予防できます。


2. 十分なストレッチをしていません

体は最良の状態で機能するためには柔軟性が必要です。ストレッチは柔軟性を高め、筋肉の緊張と怪我の予防に役立ちます。ストレッチはまた、循環を改善し、関節や筋肉へのストレスを軽減します。


定期的にストレッチをしないと、首、肩、ハムストリング(太ももの裏側)の緊張からくる緊張型頭痛や腰痛のリスクがあります。これは、座りすぎたり、一日中座りっぱなしで休憩を取らない場合に起こることがあります。


運動前や運動後にストレッチをすることが重要です。これによって、血流が体の組織全体に効率的に増加し、ワークアウト間の回復時間(およびワークアウト中自体)が短縮されます。


3. ストレスを抱えています

ストレスはしばしば精神的な問題と考えられますが、それは背中の痛みを引き起こすなど、さまざまな方法で体に影響を与えることがあります。筋肉を緊張させることによって、背中に余分な圧力がかかる可能性があります。


ストレスは多くの要因から発生する可能性があり、適切に管理しないと既存の背中の痛みを悪化させたり、新たな痛みを引き起こすことがあります。医療マッサージはストレスを和らげ、癒しを促進するのに役立ちます。また、血液循環を改善し、筋肉を緩めるための素晴らしい方法でもあります。


4. 間違った活動をしています

もし背中に問題がある場合、毎日行っている活動が問題の一因になっているか考えるべきです。デスクで長時間座っていたり、正しい形で重い物を持ち上げたりしているかもしれません。エクササイズやストレッチは、コアの筋肉を強化し、姿勢を改善し、背中と首の緊張を緩和するのに役立ちます。


物理療法は、日常生活で正常に機能する能力を制限する身体的な状態に苦しむ人々の最適な健康とウェルネスの実現に不可欠な要素となっています。当院の理学療法士に相談して、靭帯を強く保ちながら、それらの部位の炎症を軽減するための適切な運動を行うことができます。特に、体内で慢性的な炎症を引き起こすタイプの状態がある場合は、これが非常に重要です。


5. 間違った持ち上げ方をしています

背中の痛みの最も一般的な原因の一つは、不適切な持ち上げ技術です。正しくない持ち上げの方法は、脊椎にストレスをかけ、この領域の筋肉に負担をかけ、また周囲の関節や腱の炎症を引き起こす可能性があります。長時間の重い物の持ち上げは筋肉への負担を引き起こすことがありますが、高い棚から物を取るような小さな反復動作や床からペンを拾うような姿勢でも同様に筋肉への負担がかかることがあります。


6. 長時間座りすぎています

座りすぎによる腰痛

長時間座っていることは体に負担をかけます。脊椎に対して耐えられる以上の圧力をかけており、これにより筋肉が緊張します。また、長時間座っていると循環や酸素供給が低下し、筋肉のこわばりや痛みの原因となる可能性もあります。


7. 姿勢が悪いです

姿勢は背中の痛みに大きく影響する要素ですので、正しい姿勢を保つことが重要です。もしも背中を丸めたり前かがみになったりすると、背中の筋肉は脊椎をまっすぐに保つためにより一層働かなければなりません。時間が経つと、これは脊椎を支える靭帯や筋肉に負担をかけ、痛みを引き起こすことにつながります。


カイロプラクティックケアは、薬物や手術を使用せずに、神経にかかる圧力を軽減することで、痛みや筋肉痙攣を軽減するのに役立ちます。


背中の痛みの治療

ご覧の通り、背中の痛みの理由はさまざまです。背中にどんな痛みを感じたら、悪化する前に対処することが重要です。急性痛と慢性痛を区別することも重要です。

まず最初にすべきことは、マンハッタンの痛み管理専門家に予約を入れて問題を診断してもらうことです。そこから、最適な治療オプションと問題のケア方法についてより具体的なアドバイスを受けることができます。

予防策を講じ、背中の痛みの原因を学び、利用可能な治療オプションを理解することで、効果的に状況をコントロールし、苦しみのサイクルを終わらせ、後でより侵襲的な治療が必要になることを防ぐことができます。

この記事があなたに痛みの異なる原因や、状態を克服するのに役立つ情報や治療オプションについての示唆を与えられることを願っています。

Comentários


bottom of page