top of page
  • 執筆者の写真All of Pain

[マンハッタン痛み管理] 肩の痛みを抱える人々の一般的な問題


肩の痛みの軽減

この投稿はソフトウェアによって翻訳されました。


肩の痛みは本当に辛いものであり、もしもあなたがその悩みを抱えているなら、その苦労をあまりにもよく理解していることでしょう。それは歯を磨くことや髪をとかすことといった基本的な動作さえも妨げることがあり、あなたをイライラさせ無力感を抱かせます。


しかし、あなたが一人ではないこと、そして私たちのマンハッタン痛み管理センターが肩の痛みの緩和のためのさまざまな治療オプションを提供していることを知ることは重要です。このブログ投稿では、肩の痛みを抱える人々が直面する一般的な問題を探求し、それらにどう対処するかについて実践的なヒントを提供します。


1. 眠りの困難さ

睡眠不足

肩の痛みを抱える人々が直面する最も一般的な問題の一つは、眠りにくさです。肩の痛みがあると、眠ることが難しくなることがあります。これは痛みが夜中に目を覚まし、良い睡眠をとるのを妨げる可能性があるためです。


その痛みはまた、リラックスすることを妨げる可能性があり、それによって眠りにつくのがより難しくなるかもしれません。痛みは非常に激しいため、快適な寝る姿勢を見つけるのが難しいことがあります。これによって休息に満ちた睡眠が得られず、その結果、個人の全体的な健康と幸福に影響を及ぼす可能性があります。


2. 限られた可動域

肩の痛みはいくつかの異なる状態によって引き起こされる可能性があります。肩の関節は幅広い動きを可能にする複雑な構造です。それは上腕骨(上腕骨)、肩甲骨(肩甲骨)、鎖骨(鎖骨)から成り立っています。


肩の関節は筋肉、腱、靭帯に囲まれています。これらの構造は腕をさまざまな方向に動かすことができるようにします。しかし、ボールを投げることや重い物を持ち上げることといった反復的な動作によって、これらの構造は傷つくか過度に使用されることもあります。


肩の痛みは人の可動域を制限し、物に手を届かせたり物を持ち上げたりすることが難しくなることがあります。これによってかつて簡単だった作業、例えば料理や掃除といったことが難しくなるかもしれません。この問題を管理するためには、痛みや不快感を引き起こす活動は避けるように心掛けてください。また、理学療法や運動は、可動域を改善し痛みを軽減するのに役立つことがあります。


3. 仕事への影響

肩凝り

肩の痛みは、仕事の反復動作に起因することがあり、悪い姿勢や過度の使用によって悪化することがあります。長時間のデスクワークをしている場合、肩の痛みの発症リスクが高くなる可能性があります。


これは仕事への能力に大きな影響を与える可能性があります。たとえば、重い物を持ち上げる必要がある仕事や、タイピングやコンピュータマウスの使用などの反復動作が必要な仕事では、仕事をこなすのが難しいかもしれません。この問題を管理するために、雇用主と相談して可能な調整策について話すことが重要です。さらに、1日を通じて休憩を取りながら、肩を伸ばしリラックスさせることを考えることも検討してみてください。


4. 感情的な影響

慢性的な痛みと共に生活することは、人に重大な感情的な影響を与える可能性があります。慢性的な痛みに苦しむ人々は、肩の持続的な痛みからくるストレスや不安を経験し、その状態が彼らの生活に課す制約による欲求不満を感じることがよくあります。これらの感情は、無治療のままだとうつ病やその他の精神的な健康問題につながる可能性があります。


肩の痛みの感情的な影響はしばしば見過ごされがちですが、それは身体的な症状と同じくらい重要です。この問題を管理するためには、友人や家族、あるいは医療専門家からサポートを求めることが重要です。さらに、読書や音楽の聴取、趣味の実践など、楽しい活動に従事することも役立つかもしれません。


5. 社会的制約

痛みの管理

肩の痛みがある場合、頭の上に腕を上げることが難しくなるかもしれません。これにより、スポーツなどの特定の活動や、服を着る、朝の身支度などの簡単なタスクが難しくなる可能性があります。これにより、友人や家族との社会的な活動への参加が難しくなるかもしれません。彼らがなぜあなたが特定の活動に参加できないのか理解していないかもしれません。これは孤立感や孤独感を引き起こす可能性があります。


この問題を管理するためには、身体活動を必要としないイベントに参加したり、自宅での集まりを開いたりするなど、代替の社交方法を考えることが考えられます。さらに、慢性的な痛みを持つ人々のためのサポートグループを探したり、オンラインで他の人々とつながったりすることも役立つかもしれません。


6. 長期的な影響

肩の痛みは無治療のままだと慢性化し、長期的な合併症、例えば可動域の減少や障害を引き起こす可能性があります。痛みは持続的で、その緩和策を見つけることが難しいかもしれません。したがって、長期的な合併症の発生を防ぐためにも、できるだけ早く医療治療を受けることが重要です。


肩の痛みの治療

肩の痛みは、多くの要因によって引き起こされる一般的な問題です。適切な診断がないと肩の痛みの原因を特定するのは難しいかもしれませんが、それを治療するためのいくつかの方法があります。


肩の痛みに苦しんでいる場合は、すぐに医師に診察してもらうことが重要です。また、数週間経っても肩の症状が改善しない場合も医師に相談するべきです。


肩の痛みは、さまざまな要因によって引き起こされる一般的な問題です。肩の怪我を適切に治療して、さらなる問題の発展を防ぐ方法を知ることは重要です。以下は肩の痛みの一般的な原因です:

• 有害な習慣

• 過用症候群

• 外傷

• 旋回筋腱板の筋肉や腱の損傷

• 関節炎


肩の痛みの治療は原因によって異なります。肩の痛みに苦しんでいる場合、以下の方法で痛みをコントロールするのに役立つことがあります:

• 物理セラピストに相談して痛みを取り除く

• メディカルマッサージや鍼治療を試して回復に取り入れる

• 正常な状態に戻るのに時間をかける

• 痛みを引き起こす活動を避ける

• 準備ができるまで走ったり重い物を持ち上げない

• 早すぎる移動を試みない


まとめると

肩の痛みと共に生活することは困難かもしれませんが、それに伴う問題を管理する方法があることを覚えておくことが重要です。マンハッタンの疼痛管理専門医から医療治療を受けること、身体的・感情的に自分を大切にすること、状態がもたらす制限に適応する方法を見つけることが重要です。適切なケアとサポートを受ければ、肩の痛みと共に充実した人生を送ることが可能です。

Comments


bottom of page