top of page
  • 執筆者の写真All of Pain

[マンハッタン痛み管理] 神経痛があなたの生活に与える8つの影響


マンハッタンでの神経痛治療

この投稿はソフトウェアによって翻訳されました。


神経痛は非常に困難な症状です。神経痛にはいくつかの処方薬がありますが、副作用が痛み以上に悪化することもあります。しかし、私たちの身体を依存させる危険な薬の代わりになる他の選択肢もあります。


当院では、神経痛に苦しむ人々のために自然で安全な治療法を提供しています。しかし、痛みは話しにくいトピックでありながら、日常的な出来事でもあります。どういうわけか、多くの人々は痛みを弱さと見なす傾向があります。このブログ記事では、神経痛がどのようにあなたの生活に影響を与えるかについて学びましょう。


1. 神経痛は筋力の弱さや痙攣を引き起こす可能性があります。

神経痛は非常にひどく、人々が通常の日常活動を行うのが困難になるほどです。神経の損傷はしびれやチクチク感、痛みを引き起こすことがあります。また、腕や足の筋力の低下、運動能力の喪失、バランスや協調性の問題も引き起こす可能性があります。さらに、神経の損傷はうつ病や不安症になる原因にもなります。


これらの影響は、免疫システム(感染症に対する身体の防御システム)による神経機能の妨害や損傷に起因します。免疫システムは誤って神経系の健康な組織を攻撃します。これにより炎症が引き起こされ、神経細胞が損傷し、情報の適切な伝達能力が阻害されます。


2. 神経痛は活動を制限する可能性があります

神経痛で活動が制限される

不快で痛みを伴うだけでなく、神経の損傷は仕事や運動などの日常的な活動に影響を与え、人々が自分の状態に対処するのがさらに困難になります。


神経痛は、影響を受けた部位の周りの炎症や周囲の筋肉や組織の刺激によって運動が痛みを伴うようになります。この炎症は、その部位への血流を増加させ、さらなる刺激を引き起こし、それによってこれらの領域にある神経を刺激します。


この種の痛みによって、あまりにも多くの動きをすることによって引き起こされる不快感のため、参加できる活動が制限されることがあります。例えば、背中の痛みがあるとしましょう。それによって、仕事で重い物を持つことや、仕事の後のレクリエーション活動(走ったりサイクリングなど)が制限され、関節や筋肉の周りを動かして使用しないことによるさらなる損傷が起こるのを防ぐことができません。


神経痛がひどいほど、仕事や睡眠、友人との遊びなどの通常の活動が困難になります。しかし、それを管理するための治療法が利用可能であり、通常の生活に戻ることも可能です。


3. 神経痛は無力感を抱かせることがあります

神経痛はしばしば電撃や燃えるような感覚と形容されます。痛みは常に存在し、一定している場合もあれば、断続的な場合もあります。神経痛の原因によっては、影響を受けた神経の経路沿いの一箇所または複数箇所で感じられる場合もあります。


また、感じる場所が影響を受けた範囲内で移動することもあります。痛みの強度も時間とともに変化することがあります。例えば、手根管症候群の場合、手首は体が温まり血流が良くなる夜よりも朝の方が痛みを感じることが多いです。


神経痛はあなたが体と心のコントロールを失っているように感じさせるかもしれません。このコントロールの喪失によって、あなたはうつや悲しみを感じるかもしれません。そして、それは友人や家族との関係にも影響を与えます。


4. 神経痛は思考に影響を与えることがあります

神経障害からの持続的な痛みは、物理的な感覚だけでなく、思考や感情にも影響を与えることがあります。神経痛は思考や集中力に影響を与えることがあり、仕事や個人の生活にも影響を及ぼすことがあります。また、神経痛による妨害が原因で手元の仕事に集中することが難しいこともあります。


神経痛は、慢性的な痛みが脳の化学物質や構造に変化をもたらすことと関連しているため、うつや不安の原因となることがあります。その結果、多くの慢性疼痛を抱える人々は、うつ病や不安障害などの精神的健康問題を発展させることがあります。


5. 神経痛は睡眠を妨げることがあります

神経痛で目が覚めてしまいます

神経痛は非常に激しい場合があり、夜眠るのを妨げることがあります。たとえば、上背部や首に神経痛がある場合、快適な姿勢になるのが難しく、眠りに落ちるのも難しいかもしれません。


また、夜中に目が覚めて痛みのために再び眠りに戻れないこともあります。これにより、昼間に疲れを感じることになり、仕事や責任を果たすことが難しくなります。


6. 神経痛は気分に影響を与えることがあります

神経痛はしばしば「苦痛」と形容されます。そのため、うつ状態や孤立感を感じることがあります。これにより、友達と外出する、映画を観る、本を読むなど、楽しみや慰めを得ることが難しくなるかもしれません。


また、他の人がいないと自分の状態を管理するのが難しいため、公の場に出かけることを避けたり、自宅で快適に感じることができなくなることもあります。また、怒りや欲求不満につながることもあり、あなたや周囲の人にとって状況を悪化させる可能性があります。


7. 神経痛は他の人との関係に影響を与えることがあります

慢性的な神経痛を抱える人々は、孤立感や孤独感を抱くことが一般的です。説明することが難しいため、あなたを知らない人々はあなたを厳しく判断し、怠け者や弱者の言い訳をしているだけだと思い込むかもしれません。


一方、常に痛みを感じている場合、友人や家族との関係を維持するのに苦労するかもしれません。これも関係を悪化させる要因です。あなたの愛する人々がいつもあなたの世話をしているか、関係のすべての仕事をしていると感じる場合、彼らは恨みを抱くかもしれません。


神経痛は自尊心にも影響を与える可能性があります。あなたの状態を管理することについて無力で価値のない存在だと感じるようになるかもしれません。この恐怖からくる社交的な場面を避け、あなたを気にかけてくれる他の人々から自己を孤立させることがあるでしょう。


8. 神経痛は生活の質に影響を与えることがあります

マンハッタンの疼痛管理専門家

結論として、神経痛は無治療のままにしておくと、あなたの生活に大きな影響を与える可能性があります。しかし、適切な診断とケアを受ければ、好きな活動に戻ることができます。


神経痛はあなたの人生を支配する必要はありません。それはあなたを制約したり、活動を制限したり、あなたが大切に思う人々との間に壁を作る必要はありません。もし神経痛に苦しんでいるのであれば、最善の方法は、マンハッタンの痛み管理クリニックから助けとサポートを求めることです。当院の痛みの専門家は、あなたの具体的な症例に最も効果的な治療を提供することができます。


一人で苦しまず、神経痛に後ろ向きになることなく、できるだけ早く助けを求めてください。いいえ、痛みは私たち全員にとって同じではありませんし、異なる方法で私たちそれぞれに影響を与えることがあります。しかし、もし神経痛の患者であるのであれば、それをもう長く抱えて生きる必要はありません。人生に現れる他の健康問題と同様に、神経痛も適切な指導とサポートによって克服することができます。


それが私たちがここにいる理由です―あなたが神経痛を克服し、あなたの人生を取り戻すために必要なケアとサポートを見つけるお手伝いをするためです。治療オプションに関する詳細情報をお知りになるために、今日私たちとの予約をお取りください!

Comments


bottom of page