top of page
  • 執筆者の写真All of Pain

[マンハッタン痛み管理] 神経に影響を与えているかもしれない7つのこと、それがより多くの痛みを引き起こしています


ニューヨークトップの痛みの管理

この投稿はソフトウェアによって翻訳されました。


体の痛みはありますか?あなたの痛みの原因は、あなたが気づいていないときに起こっている可能性があります。痛みは誰にとっても非常に不快な感覚であることがあります。それは身体的なものだけでなく、精神的なものでもあります。痛みを経験すると、正しく思考することができなくなるかもしれません。


神経は私たちの体の最も複雑な部分の一つです-体内には20万マイル以上の神経線維があります。私たちの体は神経と一緒に働くように設計されています。それらを使って動き、感じ、周りの世界を経験します。しかし時には、神経が損傷を受けたり刺激されたりして、痛みやその他の症状を引き起こすことがあります。


なぜこれらの痛みや不快感が続くのか疑問に思っているなら、正しい場所にいます。私たちのマンハッタン疼痛管理センターは、神経痛に対応するお手伝いをすることができます。このブログでは、痛みの可能性のある理由について話す予定です。多くの日常的な習慣が実際には痛みを引き起こす原因になることに驚かれるかもしれません。以下は、あなたが神経に対して行っているかもしれない、痛みを引き起こす行為のいくつかです:


神経の痛み

1. 一日中座っていること

もしデスクで働いているなら、一日の大半を座って過ごすかもしれません。しかし、このような生活は脊椎や関節に多くの圧力をかける可能性があります。長い間このような姿勢が続くと、背中の痛みやその他の健康問題を引き起こす可能性があります。


脊髄はあなたの神経系の重要な部分です。脊椎の中心を通っており、脳から体の他の部分へのメッセージを運びます。


長時間座るか、仰向けで寝ると、脊髄周りに圧力がかかり、腕や足の痛みやしびれを引き起こす可能性があります。長時間座っていると、体の組織への血流が制限され、栄養が不十分になるため、神経系にもさらなるストレスがかかります。これはしばしば筋肉の痛みやこわばり、そして疲れやだるさを感じる原因となります。


2. 姿勢を無視すること

姿勢は一日を快適に過ごすかどうかの要因となります。悪い姿勢は首や背中を含む体の多くの痛みを引き起こす可能性があります。もしデスクで背中を丸めていたり、オフィスチェアであまりにも後ろに寄りかかっているなら、必要以上の痛みを引き起こしているかもしれません。背中を丸めたり前にかがむと、脊椎に神経に圧力がかかるのです。


3. 長時間同じ体勢でいること

私たちの体は動くことを前提として設計されています。筋肉や関節、靭帯はすべて定期的に動かすことで健康を維持し、痛みを防ぐ必要があります。何時間も同じ体勢で座っていると、関節や筋肉が固まって痛くなる可能性があります。同じことは睡眠時にも当てはまります。


4. 体の正しい側面で寝ないこと

神経痛

寝る際は、頭をマットレスではなく枕に預けるべきです。なぜなら、一晩中背面に横たわると、椎間板に圧力がかかり、それを通る神経が圧迫されるからです。その結果、神経経路に沿って痛みを伴う痙攣が生じます。


体の正しい側面で寝ることは、背痛の最も一般的かつ見過ごされがちな原因の一つです。片側で寝続けると、脊椎に圧力がかかる可能性があります。常に同じ側で寝ることで、筋肉のバランスが崩れ、他の部位に痛みを引き起こす可能性もあります。うつ伏せで寝ることは背痛や首、肩、脊椎の他の問題を引き起こすことがあります。


5. 筋肉の強化を怠ること

私たちの体内には、脳から筋肉への電気信号を運ぶメッセンジャーとなる神経があります。これらの神経がうまく機能しないと、痛みが生じることがあります。さらに、筋肉の緊張や姿勢の悪さなどが原因で神経が刺激されることがあります。筋肉が緊張しているか、姿勢が悪い場合、神経系に緊張が生じます。この増加した緊張が痛みやその他の問題を引き起こす可能性があります。


もしもあなたが低活動な生活を送り、定期的に運動をしない場合、筋肉は弱くなり緊張します。あなたがどれだけ非活動的になるかに応じて、これらの筋肉は以前に強かったとしても、ますます弱くなります。しかし、もしも再び定期的に運動を始めるならば、週にわずか数回のワークアウトで十分な強さを回復する可能性があります。


6. 十分な睡眠をとらないこと

睡眠不足は、免疫系を弱め、病気にかかりやすくなり、それにより以前よりもさらに疲れを感じることがあります。さらに、たった一晩の睡眠不足でも、その後数日間は痛みに対する感度が増すことがあります。


7. 不必要なストレスに固執すること

神経痛の治療

ストレスは、体内に高いレベルのコルチゾール(「戦闘か逃走」ホルモン)を放出させる原因となります。短期間であれば、体を危険から身体的に守るために準備するという点で役立つことがあります。しかし、体が定期的に長期間のストレスに対応して高いレベルのコルチゾールを放出し続ける場合(これは慢性的な痛みや他の健康問題につながることがあります)には、慢性的な痛みやその他の健康問題を引き起こす可能性があります。


また、ストレスは神経系での感受性を増加させることが示されています。これは、ストレスを受けている時には通常の刺激でも痛みを感じたり、不快に感じたりすることを意味します。


ストレスは、感情や行動を調節する脳の特定の領域での活動を増加させるため、恐怖や不安などの感情をより強く感じさせる傾向があります。その結果、通常の状況では痛みをそれほど強く感じないこともストレスを受けているときにはより強く感じることがあります。


どうすれば良いですか?

次に何かが痛みの原因になっているか疑問に思ったときは、神経系に損傷を与える可能性のある行動を思い出してください。それらを避けることができれば、痛みのない日々を楽しむことができるでしょう。


新しい神経痛や増悪する神経痛を引き起こす要因は多々ありますが、症状を軽減または解消するためにできることもたくさんあります。チンリンやしびれなどの神経の損傷の兆候がある場合は、マンハッタンの痛み管理専門家にすぐに相談してください。彼らは症状を最小限に抑え、あなたの生活の質を改善するためのいくつかのライフスタイルの変化や治療法を提案するかもしれません。

Comentarios


bottom of page