top of page
  • 執筆者の写真All of Pain

[ニューヨーク痛み管理] 鍼治療が痛い手を和らげるのにどのように役立つか


ニューヨークのマンハッタンでの鍼治療

この投稿はソフトウェアによって翻訳されました。


あなたの手や指は常に痛みを感じていますか?よくしびれることがありますか、またはただ手が冷たいと感じるだけですか?痛い手は日常生活に悪影響を及ぼす可能性があります。例えば、仕事や食器洗い、家具の組み立てなどの個人のタスクにも問題が生じるかもしれません。手の痛みは、手根管症候群、背中の神経の圧迫、関節炎、腱炎、その他の状態など、さまざまな要因によって引き起こされる可能性があります。


痛い手を抱えていると、物事を片付けるのが難しくなるかもしれません。手を使う簡単な作業ができないと、簡単にイライラしたり、悪気を感じたりすることがあるかもしれません。もし緊張したり痛みを感じる手をお持ちであれば、助けを求めることができます!


手に痛みがある場合、鍼が苦痛を和らげるのに役立つ理由がいくつかあります。All Of Pain New York疼痛管理センターでは、鍼を含むいくつかの技術を提供しており、痛い手の治療に役立つでしょう。このブログ投稿では、痛みを伴う手の状態に鍼治療を求めることがどのように有益かについて説明します。


鍼灸とは何ですか?

多くの人々が、反復性労作障害や関節炎による手の慢性疼痛に苦しんでいます。この種の痛みに対しては、さまざまな治療法が利用可能ですが、鍼灸は副作用なしで長期的な痛みの緩和効果があることが実証されています。


鍼灸は、身体の運動、エネルギー、構造に焦点を当てることによって、痛みを管理するための自然で非侵襲的なアプローチです。それは痛みを緩和するために最も効果的な方法の1つであり、睡眠障害を含むさまざまな状態の治療に数千年にわたって使用されてきました。それはあなたが痛みを感じにくくし、あなたの状態の症状を軽減するのに役立つことができます。


鍼治療はどのようにして痛みを和らげるのでしょうか?

非侵襲的アプローチ

鍼治療は、感情的な面と身体的な面の両方に働きかけることで、手の痛みを和らげるのに役立ちます。鍼によって内因性麻薬物質であるエンドルフィンが放出され、痛みを和らげる助けとなるだけでなく、不快感を引き起こす潜在的な問題にも対処します。また、血液の流れを増加させ、皮膚の神経終末を刺激することで、痛みの信号が脳に届くのを防ぐ可能性があります。


鍼治療は、極めて細い針を体の特定のポイントに挿入することで、これらの経絡を刺激し、エネルギーフローのバランスを回復させることで作用します。針は体内の経絡やエネルギーパスウェイに沿って配置され、脳と脊髄から全身に信号を運ぶ役割を果たします。


これらのポイントは、皮膚、筋肉、腱、靭帯を通じてアクセスできる身体の特定の領域に対応しています。研究によって、体の特定のポイントに針を挿入することで神経を刺激し、周囲の組織の治癒を促進できることが示されています。これらのポイントを刺激することにより、経絡を調節し、異常な機能を回復させます。


なぜ手の痛みに鍼治療を受けるべきなのか?

手の痛みに対して鍼治療を試した多くの人々が、それが効果的な治療法であると感じ、手術を回避できたと報告しています。


もし手の痛みに悩んでいるのであれば、鍼治療は良い選択肢となるかもしれません。鍼治療が自分に合っているかどうかを判断する最良の方法は、自分の具体的な状態について鍼灸師と話し合うことです。彼らは治療終了後にどのくらいのセッションが必要か、そして治療後の結果についてどのような予測ができるかを伝えてくれるでしょう。


鍼治療は時に単独で行われることもありますし、マッサージや理学療法など他の治療法と組み合わせて症状の緩和や全体的な健康の改善に役立てられることもあります。


鍼治療のメリットは何ですか?

もし手の特定の部位で痛みを感じている場合、鍼治療はその部位を重点的に治療し、痛みを和らげることができます。以下は、手の痛みに対して鍼治療が効果をもたらす一般的な方法です:


筋肉の緊張とけいれんの軽減

鍼治療は、過労や怪我によって緊張した筋肉をほぐすのに役立ちます。筋肉のけいれんを軽減し、活動後に手がこわばったり痛んだりすることを防ぎます。


手の鍼治療

血液循環の増加

鍼治療は、これらの部位への血液循環を増加させることで、体が自然に治癒するのを促進します。処方薬や手術に頼らずに体が自己治癒することが可能となります。血液循環の増加によって、怪我をした部位により多くの酸素や栄養が供給され、治癒時間が短縮され、腱炎や関節炎などの炎症が軽減されます。カーパルトンネル症候群(CTS)などの関節炎に関連する状態では、手首の中位神経に圧力がかかることで指のしびれやチクチク感が生じます。


炎症と痛みの軽減

鍼灸は、細胞シグナルタンパク質であるサイトカインの増産を通じて、体の自然な抗炎症反応を活性化することで、炎症を軽減する助けとなります。これにより、全体的な痛みが軽減されます。また、怪我や炎症部位での血液循環が改善されることにより、通常よりも早く栄養素を損傷した組織に運ぶため、治癒時間が短縮される助けとなります。特に手の骨関節症に苦しんでいる人にとっては、他の治療と併用することで関節の可動性を改善するのに役立ちます。


運動範囲の改善

鍼灸はまた、組織への循環を刺激することにより、腱や靭帯などの柔組織の怪我や手術後の治癒と修復に役立ちます。さらに、怪我後の回復を促進することで、通常の活動に早く戻るのに役立ちます。


今すぐ鍼治療を試してみてください!

鍼治療は何千年もの間存在している興味深い方法です。それは痛みの緩和に効果があることで知られています。鍼治療には多くのアプローチがありますが、ほとんどの方法は針を体の一部に挿入することを含みます。これらのポイントは、身体と心の健康に関連する問題や症状を癒すと言われています。

鍼治療が急性および慢性の痛みのような状態に対して非常に効果的な治療法であると示唆する十分な証拠があります。ですので、手、つま先、または手と指の痛みからの緩和を求めている場合は、今すぐニューヨーク疼痛管理センターにお電話ください!


当院の疼痛専門家は、訓練を受け、経験豊富です。私たちはあなたの回復をお手伝いする準備ができています。私たちのトップレートの治療法やサービスに関する詳細情報については、646-725-4600までお電話ください。

Comments


bottom of page