top of page
  • 執筆者の写真All of Pain

[ニューヨーク痛み管理] 慢性の痛み?なぜ痛みを感じるのか理由


ニューヨークの痛みの医師

この投稿はソフトウェアによって翻訳されました。


朝起きて、理由もなく痛みを感じます。一旦は無視しようとしますが、最終的には耐え切れず薬を服用します。それによって少し楽になるかもしれませんが、痛みが消えたわけではありません。ただ、それほど気にならなくなるだけです。(でも、なぜこんなことが起こるのでしょうか?)


慢性痛は単に苦しむ人に影響を及ぼすだけでなく、一生のすべてに影響を与えます。それは仕事、家庭、人間関係を食い尽くし、苦しむ人の幸福を奪い取ります。残念ながら、慢性痛の原因は多くの人にとって直ちには明らかではありません。


慢性痛にはさまざまな根本的な原因があります。簡単なように見えるかもしれない「遺伝の悪さ」や「けが」も、実際には慢性痛を引き起こし続ける多くの要因が組み合わさっている場合があります。でも、慢性痛の原因を知っていれば、それに対処できるということでしょう?


ニューヨークの疼痛管理専門家が慢性痛の治療を手助けします。慢性痛の管理においては、慢性痛の原因を理解することが重要です。では、慢性痛の原因を見つけてみましょう。そうすれば、その管理方法もより良くわかるでしょう。


慢性痛

慢性痛は、急性のケガや病気の治癒期間を超えて持続する痛みとしてしばしば定義されます。しかし、臨床の現場では、通常、"慢性"という用語は3ヶ月以上続くあらゆる状態を指すために使われます。

慢性痛はあなたの生活に深刻な影響を及ぼすことがあります。睡眠やリラックスが困難になるかもしれませんし、気分や感情にも影響を与え、他の人々との関係に負担をかけることもあります。場合によっては、うつ病や不安障害につながることもあります。


慢性痛にはさまざまな形があり、どんな年齢の人にでも影響を与える可能性があります。ただし、高齢者やケガや病気を経験した人により一般的に見られます。慢性痛はしばしば単一のタイプの痛みだけではなく、さまざまなタイプの組み合わせとして現れます。例えば、背痛と頭痛が同時に起こることもあります。


ニューヨークで最も評価の高い慢性疼痛

慢性痛のタイプには以下が含まれます:

• むち打ちやスポーツのケガなどの外傷

• 関節炎や関節の問題(骨関節炎など)

• 背中のケガや外傷、椎間板の問題、脊髄損傷

• シャイアティカ(神経の流れの障害)

• 線維筋痛症(筋肉や関節の痛み)

• 頭痛(緊張型頭痛や片頭痛)


慢性痛は、日常生活の簡単なタスクから大切な人との時間を楽しむ能力にいたるまで、さまざまな面であなたの生活に影響を及ぼす状態です。また、収入にも大きな影響を与える可能性があります。仕事ができなくなったり、以前のように多くの収入を得られなくなるかもしれません。


慢性痛の重症度は個人によって異なりますが、治療が効果的でない限り、通常は時間とともにますます激しくなります。慢性痛がある場合は、効果的に管理する方法を理解している医療専門家のもとで治療を受けることが重要です。慢性痛とは何か、どのように治療できるか、苦しんでいる場合の選択肢を理解することが重要です。


慢性疼痛の原因

良い知らせは、慢性疼痛を管理する方法があるということです。あなたの痛みの原因を突き止めることで、適切な治療を受けることが重要です。


慢性疼痛の最も一般的な原因は、けがや外傷だと考えられています。これは、事故やけがが適切に治癒しなかった場合や、手根管症候群や腱炎などの反復性の負傷から起こる可能性があります。慢性疼痛のある人々の中には、広範な筋肉や関節の痛みと疲労を引き起こす線維筋痛症の可能性もあります。この状態は徐々に時間の経過とともに発展する傾向があります。慢性疼痛を経験している場合は、痛みの専門家に可能な原因について相談し、適切な治療を受けることが重要です。


慢性疼痛は多くの要因によって引き起こされ、多くの要因が痛みに寄与しています。実際、慢性疼痛は、身体の神経、筋肉、および関節に影響を及ぼすいくつかの異なる状態の結果となることがあります。以下は、慢性疼痛の最も一般的な原因のいくつかです:

• 姿勢の悪さ:姿勢の悪さは、体が弱い筋肉や腱を補償するために他の筋肉や関節に異常なストレスをかけることになります。これにより、背中の痛み、首の痛み、肩の痛み、膝の痛みなどが引き起こされる可能性があります。

• ストレス:仕事、学校、または人間関係からのストレスは、頭痛や首、肩、背中の筋肉の緊張を引き起こすことがあります。これらは緊張性頭痛や筋肉の痙攣の症状です。


• 傷害:事故や突然の怪我による傷害は、慢性的な痛みにつながることがあります。最初は軽い痛みかもしれませんが、時間が経つにつれてより激しくなることがあります。むちうちや背中の怪我、膝の怪我など、一部の傷害は持続的な痛みを引き起こす可能性があります。適切に治療されない傷害-捻挫や肉離れなどの傷害は炎症と痛みを引き起こすことがあります。しかし、適切に治療されないと、通常よりも長い時間がかかる可能性があります。これにより、慢性的な痛みが生じることがあります。


• 過度の使用:体の組織が休むことなく繰り返し使用されるために損傷を受けることを指します。常に動きや反復動作が含まれるスポーツ活動(例:走ったり泳いだりすること)や、デスクに座っていたり、組み立てラインで同じ作業を繰り返す仕事でも起こり得ます。


痛みの管理

• 運動不足:定期的な運動は痛みを和らげ、関節の強さと可動域を改善するのに役立ちます。しかし、定期的に活動しない場合、怪我や関節炎の発展のリスクが高まる可能性があります。それらが慢性的な痛みにつながることもあります。


• 睡眠不足:睡眠の欠如は慢性的な痛みの最も一般的な原因の1つです。睡眠不足は体内の筋肉の緊張や炎症を引き起こすことがあります。時間が経つと、体の特定の部位が増感されることがあります。そのため、疲れているときにはよく休んでいるときよりも痛みを強く感じることがあるのです。


慢性疼痛の治療

慢性疼痛は、3ヶ月以上続く痛みと定義されます。筋肉や骨を含む体のどの部分にも影響を及ぼすことがあります。慢性疼痛がある場合、常に痛みを感じることもあれば、一部の時間だけ感じることもあります。しかし、慢性疼痛をコントロールし、生活の質を向上させるための疼痛管理戦略があります。慢性疼痛の治療方法には次のようなものがあります:


• 理学療法:理学療法士は患者と共に、個々のニーズと能力に基づいた治療計画を立てます。理学療法士はまた、特定の動きやエクササイズに対する患者の体の反応について教育し、改善された運動能力と柔軟性をもたらします。理学療法士は、けがをしたり手術を受けた後にアクティブなライフスタイルに戻りたいと望む人々に特化したトレーニングを提供します。


• 鍼灸:鍼灸師は体の特定のポイントに薄い針を刺して神経経路を刺激し、関節や筋肉の炎症を軽減させます。鍼灸は特に、慢性の背中の痛みや頭痛に苦しむ人々に役立つことがあります。


• メディカルマッサージ:免許を持ったマッサージセラピストがさまざまな技術を使って筋肉の緊張を和らげ、全身の治癒を促進します。マッサージは広範な筋肉痛、疲労、睡眠障害、記憶障害などを伴う線維筋痛症の治療に効果があります。


まとめ

では、慢性的な痛みの原因は何でしょうか?この記事で学んだように、それはさまざまな要因によって引き起こされることがあります。怪我や不適切な姿勢から単純な老化まで、様々な要因が考えられます。しかし、ニューヨークの痛み管理専門家からの専門的な治療を受けるなど、それを管理するために多くの方法があります。

慢性的な痛みの治療にはさまざまなアプローチがあり、自分が抱えている痛みの種類を理解して適切に対処することが役立ちます。最も重要なのは、自分に最適な治療計画を見つけることです。

留言


bottom of page