top of page
  • 執筆者の写真All of Pain

[ニューヨークの痛みの管理] 慢性腰痛を理解する


慢性的な腰痛

この投稿はソフトウェアによって翻訳されました。


腰痛は、多くの人が時折経験する一般的な症状です。しかし、もし腰痛が繰り返し起こり、日常生活に影響を与えるようであれば、長期的な管理が困難でイライラすることがあります。


背骨の中心を走る脊髄は、脊椎で保護されています。これらの骨は退行性変化によって損傷を受けると、脊髄や神経に圧力をかけ、痛みや障害を引き起こすことがあります。


慢性的な腰痛はただの腰痛ではありません。それは生活に困難を伴うこともあり、一部の人は寝たきりになることさえあります。それは生活の質に影響を与える重篤な状態です。慢性的な腰痛はさまざまな要因によって引き起こされるため、個別のアプローチで管理する必要があります。

All of Pain New York疼痛管理センターでは、慢性的な腰痛を管理するためのさまざまな治療オプションを提供しています。ですので、自分の慢性的な腰痛を理解することで、それを管理するための適切なアプローチを見つけることができます。この記事では、慢性的な腰痛について、どれくらいの期間続くか、そして生活を送るためのいくつかの方法を管理することができるかについて議論します。


慢性的な腰痛とは何ですか?

慢性的な腰痛は、アメリカ合衆国で6000万人以上の人々に影響を与える一般的な問題です。これは、3ヶ月以上続く状態と定義されています。もしも慢性的な腰痛がある場合、睡眠に困難を感じたり、日常の活動が制限されたり、身体活動を楽しむことが難しくなるかもしれません。慢性的な腰痛は、成人や子供によく見られる慢性的な痛みの中で最も一般的なタイプです。

腰痛

慢性的な腰痛は、しばしばけが、過労、または脊椎の変性によって引き起こされます。これらの変化は、加齢や転倒や自動車事故のような外傷によって生じる場合もあります。場合によっては、慢性的な腰痛の明らかな原因がないこともあります。脊髄の神経は時間とともに刺激を受け、神経の炎症を引き起こし、筋肉の痙攣や全身の感度の増加をもたらします。痛みは持続的または間欠的である場合があります。


慢性的な腰痛の一般的な原因には次のようなものがあります:

  • 捻挫やぎっくり腰などのけが

  • 骨関節炎-脊椎を含む全身の関節に影響を及ぼす、摩耗性の関節炎

  • すべり症-ある椎骨が他の椎骨よりも前方に滑る状態

  • 脊柱管狭窄症-神経が脊椎から脊柱管を出る部分で狭まる状態

  • 椎間関節症候群-脊椎の動きを可能にする1つ以上の椎骨間の関節の炎症


慢性腰痛は急性腰痛とはどのように異なるのですか?

慢性腰痛と急性腰痛の違いを知ることは重要です。なぜなら、それらには異なる治療が必要だからです。急性腰痛は短期間であり、数日から数週間続きます。一般的には、下部腰部の筋肉や関節を引っ張ったり痛めたりする怪我や急な動きによって引き起こされます。通常、数日以内に自然に治まります。


しかし、慢性腰痛は急性腰痛とは異なり、急に発症し即座の医療の必要性を要します。慢性腰痛は3か月以上続き、診断や治療が難しい場合があります。


以下の症状がある場合、慢性腰痛の可能性があります:

  • 3か月以上続く痛みがある

  • 同様の腰痛の再発が複数回ある

  • 転倒や身体を不自然な形でねじるなどの外傷的なけがが原因で痛みが生じたことがある

  • 若い時(幼少期)または中年(成人期)に腰の問題が始まった経歴がある

  • 長時間座ったり立ったりすることができず、不快感や痛みがある

  • 腰痛のために眠るのに困っている

もし慢性腰痛がある場合、事故で腰を傷めて回復せずにいるか、何年も同じ反復動作を続けていることで問題が生じ始めた可能性があります。痛みの専門家と話し、生活の質を改善するための治療法について相談することが役立つかもしれません。


慢性的な背中の痛みからの緩和方法は何ですか?

慢性的な背中の痛みは、立ち上がったり、前かがみになったり、歩くなどの日常生活の活動を困難にすることがあります。まずは、慢性的な背中の痛みの原因を理解し、適切に対処して将来の問題を避けるために何が原因であるかを把握することが重要です。

慢性疼痛管理

慢性的な背中の痛みの診断は、症状とその持続期間によって異なります。たとえば、3か月以上も激しい痛みや障害を経験している場合、慢性的な背中の痛みと診断される可能性が高いです。


慢性的な背中の痛みには、さまざまな治療法が存在することを知ることが重要です。慢性的な背中の痛みの治療には、治療法と生活習慣の変更の組み合わせが必要です。医療専門家は、痛みの原因や重症度に応じてさまざまな治療法を使用します。さらに、慢性的な背中の痛みを抱える特定の人にとって、一部の治療法が他の方法よりも効果的な場合もあります。


慢性腰痛には治療法はありませんが、さまざまな治療方法があり、症状の緩和と合併症のリスクの軽減に役立ちます。慢性腰痛に悩んでいる場合は、痛みの専門医に相談し、オプションを話し合い、最適な方法を見つけてください。

カイロプラクターは、手動調整や脊椎の操作技術を使って、脊椎の神経にかかる圧力を和らげ、けがや手術後の筋肉の回復を促すことで、このタイプの症状を治療する専門家です。


理学療法士もまた、さまざまな技術を用いて慢性腰痛の治療に役立ちます。筋肉の痙攣を緩和し、炎症を抑え、脊椎の柔軟性を高めるために様々な手法を使用します。運動療法は、慢性腰痛の緩和や脊椎を支える脊椎周りの筋肉を強化し、運動中に脊椎を安定させるのに役立ちます。


さらに、エクササイズは背中の筋肉を強化し、柔軟性を向上させるだけでなく、そのエリアの関節にかかるストレスを軽減します。また、エクササイズはそのエリアの筋肉と関節に血液を送り、それらを柔軟かつ緩ませた状態に保つのに役立ちます。その結果、それらが簡単に凝り固まったり痛んだりすることを防ぎます。


慢性的な腰痛に支配されないでください!

痛みの中にいることは本当に疲れます。それは、生活を送り、日常の活動を楽しむために必要なエネルギーを奪い取ります。慢性的な腰痛は医学的な問題であり、したがって、この種の痛みを経験し始めた場合は、ニューヨークの痛み管理専門家に相談するのが最善です。

痛みの原因を追跡し、それらの要因を減らすことで、状況をコントロールするための手段を身につけることができます。自分の状態とそれを引き起こしている要因を理解することにより、痛みを最小限に抑え、より幸せで健康的な生活を送るために必要なツールを持つことができます。

Comments


bottom of page