top of page
  • 執筆者の写真All of Pain

[エングルウッドクリフス痛み管理] 物理療法で肩の痛みの緩和を見つける


イングルウッド・クリフス疼痛管理クリニック

この投稿はソフトウェアによって翻訳されました。


肩の痛みは、日常生活を妨げる持続的かつ身体的に苦しい状態となり得ます。物を取るといった簡単な動作から持ち上げや運ぶなどのより複雑な動作まで、日常の活動を制限することがあります。


肩の痛みは驚くほど一般的であり、特にスポーツをする人や年配の個人に見られます。通常、最初に抗炎症薬の治療が行われます。多くの人々は痛みを和らげるために薬物や手術を選択しますが、これらの薬物は通常一時的にしか効果がないか、あるいは全く効果がないことがあり、また他の深刻な怪我や合併症を隠す可能性もあります。


しかしながら、物理療法は代替方法として非常に安全で効果的な治療法です。当社のエングルウッドクリフス疼痛管理センターでは、物理療法を提供しており、個人が運動範囲や筋力、全体的な生活の質を回復するのを支援しています。


このブログ投稿では、肩の痛みとそのような問題に取り組むホリスティックなアプローチを提供できる物理療法サービスの範囲について探っていきます。


物理療法は痛みの原因を特定するのに役立ちます

肩の痛みを持つ女性

肩の痛みは、単純な肉離れからより深刻な怪我まで、さまざまな要因によって引き起こされることがあります。物理療法は、関節炎、捻挫、肉離れ、または手術後のリハビリテーションなどの問題の治療に役立ちます。肩の痛みを治療する最初のステップは、何が原因であるかを見極めることです。


以下は、肩の痛みの最も一般的な原因のいくつかです:

• テニスやゴルフなどのスポーツ活動に起因する怪我

• 繰り返し行う頭上の動作(例:投げること)

• 伸ばされた手での転倒

• 関節に影響を与える関節炎やその他の変性疾患


物理療法士は、肩の痛みの原因を特定し、症状の緩和と機能の改善に役立つ治療オプションを提供できます。物理療法士は、あなたの具体的な状態に応じてさまざまな治療法を提供することができます。


物理療法士は、あなたの痛みの原因を理解し、痛みを取り除く計画を立てるお手伝いをする訓練を受けた専門家です。彼らはあなたの症状について質問し、肩の関節、首、上肢の筋肉を検査して診断を行うことがあります。彼らが腱板の裂傷や脱臼した肩関節を疑う場合、その疑念を確認するためにMRIスキャンやX線を推奨することがあります。


物理療法は筋肉の不均衡を正すのに役立つかもしれません

肩の痛みは特に高齢者の間で非常に一般的です。肩の痛みの最も一般的な原因はローテーターカフの損傷と上腕二頭筋の腱炎です。これらの損傷は過労、外傷、またはその両方の組み合わせに起因する可能性があります。物理療法は、これらの状態を引き起こす筋肉の不均衡を正すのに役立つかもしれません。


物理療法は、運動と手技操作を使用して、傷ついたり弱った筋肉や関節の力と可動性を回復させる治療法です。肩を含む多くの状態に対して安全かつ効果的な治療法です。


肩の痛みを診断する専門家

物理療法士は、体の動きを評価し、姿勢やアライメントに問題があるかどうかを判断する方法について広範に訓練されています。これらの問題が痛みの原因となる可能性があります。


また、彼らは解剖学と生理学に関する広範な訓練を受けており、体が最適な健康とパフォーマンスを発揮するためにどの部位に位置すべきかを正確に知っています。体内の何かが正しく機能していない場合(傷ついた組織や関節であるかどうかにかかわらず)、物理療法はこれらの問題に対処し、体が正常に機能できるよう支援することができます。


理学療法は姿勢の修正と改善に役立ちます

理学療法士は、姿勢を改善するのに役立ちます。これにより、日常のタスクを遂行する際に肩を過度に緊張させることなく済むようになります。理学療法士は、首や背中の周りの筋肉を鍛えるエクササイズを示し、肩を支える筋肉を強化し、姿勢を改善して痛みを軽減するお手伝いをします。姿勢を正すことは、悪い姿勢に関連する背痛や首の痛みも和らげることができます。


さらに、理学療法は、自宅で行うことができるエクササイズを教えてくれます。これにより、筋肉の痛みが和らぎ、柔軟性が向上し、コアの筋肉(背中と腹部の筋肉)が強化されます。理学療法士は、これらのエクササイズを正しく行う方法を示し、その効果を最大限に引き出すお手伝いをします。


理学療法は、範囲の動きと筋力を回復させるのに役立つことがあります

理学療法は可動域を改善します

理学療法は、専門的なエクササイズ、マニュアルテクニック、そしてターゲットを絞った介入の組み合わせを使用して、様々な肩の問題に対処します。これらの特別なエクササイズは、柔軟性の向上、関節の機能回復、肩の関節を囲む筋肉の強化を目指して設計されています。


理学療法は、以下の治療アプローチを使用します:


マニュアルテクニック — 関節の動きを活性化し、組織の操作を行い、痛みの緩和、炎症の軽減、血液循環の向上を図ります。


治療的エクササイズ — 各患者のニーズに基づいたエクササイズプログラムの開発


モダリティ — 痛みの緩和のために温熱や冷却パックを使用


筋力トレーニング — 重量や抵抗バンドを使用して筋力を向上させる


ストレッチエクササイズ — 関節の柔軟性と可動域を増加させる


姿勢トレーニング — バランスと安定性を高めるためのエクササイズを通じて、筋肉、骨、関節の配置を改善します。


物理療法は慢性的な肩の痛みを止めることができます

肩の痛みは、どんな年齢でも誰にでも影響を与える一般的な que 物です。肩の痛みは、よくけがや事故によって引き起こされます、例えば落下や自動車事故のようなものです。この場合、肩は通常、イベントの直後にけがをして痛みます。


肩の痛みの治療と緩和

しかし、時には肩の痛みが徐々に時間をかけて現れることがあります。このタイプの肩の痛みは、無治療のままだと深刻な問題を引き起こす可能性があります。


物理療法は痛みを悪化させるのを防ぎ、さまざまな肩のけがや慢性的な痛みの効果的な治療を提供するのに役立ちます。


物理療法士はあなたの状態を評価し、痛みを和らげ、モビリティを改善するための個別の治療計画を立案しますので、できるだけ早く日常の活動に戻ることができます。3ヶ月経っても肩の痛みが収まらない場合は、物理療法士に助けを求めてください。


理学療法は大きな違いをもたらす可能性があります

理学療法士は、患者が肩の痛みや怪我から回復するのを助けるための訓練を受けており、多くは肩のリハビリテーションの高度な専門知識を持っています。理学療法は、治療の主要な形態として使用されることもあり、他の種類のセラピーと組み合わせて使用されることもあります。


特定の症状の緩和を求めている、スポーツ関連の怪我、慢性的な不快感、手術後の回復に取り組んでいる、または怪我を未然に防ぐことを目指している場合、理学療法は迅速な癒しを助け、持続的な緩和を提供し、将来の問題を防ぐのに役立つことがあります。


理学療法の変革力を通じて、私たちの専門家チームは根本的な肩の不快の原因に対処する個別で根拠に基づいたアプローチを患者に提供しています。


機能の回復、運動能力の向上、筋力の強化に焦点を当てることで、エングルウッドクリフス痛み管理センターは、薬物のみに頼ることなく、侵襲的な手続きなしで持続的な緩和への道を切り開いています。

Comments


bottom of page